オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

現場ブログ


S__66633741

2021.4.12

南屋根面には太陽光温水パネルを設置しています。現在では少なくなってますが、まだ目にしますね。軽量な太陽光パネルと違い、水が内部に貯まっている為、かなりの重量となります。劣化した屋根では、かなりの負担となります。こちらのお宅では現在使用してい...........

IMG_2319

2021.4.10

アスファルトシングル「リッジウェイ」の施工です。旭ファイバーグラス社製のアスファルトシングル屋根材です。既存カラーベストを洗浄し、接着タイプの下葺き材を貼り付け、その上にリッジウェイを施工しています。カラーベストと同様に水下から上に向かって...........

IMG_7844

2021.4.8

既存カラーベストの撤去が完了したところです。見えるのは既存の下葺き材(ルーフィング)です。新しい屋根材の施工前には当然新しいルーフィングを貼ります。既存のルーフィングは標準的なアスファルトルーフィングを貼っていました。カラーベストの下葺き材...........

IMG_7813

2021.4.7

築40年を迎えた板金瓦棒の屋根です。かなり前になるのでしょうが、一度塗装を行っているみたいです。塗装も剥離、チョーキングが激しいですね。現在ではほとんど使用されることのない瓦棒屋根です。板金を固定するのに芯木と言う木材を使用しています。この...........

DSCN0182-1

2021.4.5

瓦屋根に取付られた天窓「トップライト」です。部屋の奥まで光が届き、明るくなるメリットがあります。また建築基準法においても天窓は壁面の窓の3倍の採光で計算が出来ます。開閉タイプは通風量も多く、心地良い室内環境を維持できます。さまざまな魅力のあ...........

DSC01103

2021.4.2

こちらの瓦は釉薬瓦です。陶器瓦とも言います。昔普及していたセメント瓦と比較して耐久性・対候性に優れているのが特徴です。粘土質瓦の一種で、釉薬(うわ薬)をかけて高温で焼き上げた瓦です。瓦表面の釉薬がガラス質になっている為、水が浸透せず、長い年...........

IMG_7757

2021.3.29

こちらがケイミュー社の屋根材「ルーガ」です。ルーガは瓦の重厚感をもっていて、重量は一般的な陶器瓦に比べて約1/2の軽さ。素材そのものが粘り強くて割れにくく、基本性能も水準以上の屋根材です。今回は通常の棟役物を使用していたのですが、屋根裏に結...........

IMG_7588

2021.3.25

最近、まとまった雨が降った時に雨漏りするとの事で調査の依頼を受けました。こちらは雨漏り箇所に近い部分にある店舗にある天井点検口です。こちらを開口すれば、天井内部の確認が出来ると思います。屋根材は大型屋根でよく使用されている折板屋根です。こち...........

IMG_7608

2021.3.17

この部分のカラーベストが落下していました。先行設置タイプの太陽光パネル横です。一枚のカラーベスト材は幅900mm程度なのですが、この部分は300mm程度の幅しかありません。本来釘4本で固定するのですが、多分1本でしか固定されていなかったでし...........

IMG_7518

2021.3.16

山の畔にあるお寺です。築年数は40年程度らしいです。瓦の上に落ち葉がのっています。雨が降れば落ち葉は軒樋の中に入ることになるでしょう。軒樋の中は落ち葉、泥が溜まっていました。永い年月、清掃はしてないのでしょう。毎日住んでいる住宅でしたら雨水...........

IMG_7469

2021.3.13

 2階バルコニー部のテラス屋根です。YKKAP製の既成品です。バルコニー笠木と同メーカー品です。色デザインもマッチして一体感のある仕上がりですね。現在ではテラス屋根もアルミ製の既成品が主流になってます。耐久性にも優れています。サイ...........

IMG_0106

2021.3.9

補修前の状態です。黒い部分は腐食して穴が開いています。内部からは日常的に錆が落下しています。こちらは店舗ですので、お客様の頭上にも落ちてくる事でしょう。オーナーから何とかしてほしいとの依頼です。当然ですよね。これでは営業にも差支えが出るでし...........

IMG_7371

2021.3.6

店舗の既存笠木を撤去した部分です。内壁部に穴が開いている部分にはアングルが付いていました。以前に照明器具を取り付けていたそうです。既存の笠木のかぶり寸法は4㎝程度でしたが、今回は開口部も覆うため、8㎝としました。既存笠木を撤去しアングルなど...........

IMG_5575

2021.3.6

板金折板屋根です。塗装などのメンテナンスを行わず、永い年月が経過するとこんな状態になります。メンテナンスの重要さがよくわかります。谷部に腐食穴が見られます。この穴の部分の下は室内ですので、当然雨漏りとなりますね。今回は全改修までの応急と言う...........

DSC01492

2021.3.3

築40年になる瓦棒の屋根です。瓦棒葺きはトタンなど金属板を屋根頂点から軒先に縦に並べた棒に取り付けていく工法です。費用面を安く抑えることができ、施工も早い事もあり一昔前は施設等の広い屋根から住宅に至るまで広く使用されていました。しかし現在で...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283