オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡山市南区、台風により下屋根軒先が瓦ごと落下し、屋根を全面葺き替え


工事のきっかけ

台風が接近していた夜中に、下屋根西面の軒先が落下したようで、春先に発行していた地域情報誌の当社のページを見つけて頂き、当社にご相談を頂きました。お伺いしてお話をお聞きすると、落下した部分も気になるが、築年数も経っているとのことで、屋根全体の状態や、外壁クラック、雨といも気になるとのことでしたので、建物外部全体を調査させて頂きました。

岡山市南区 屋根葺き替え,雨漏り修理,足場

ビフォーアフター

before
CAUR1247-2-before
horizontal
after
XMNV1040-1-after

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,雨漏り修理,足場
施工期間
約20日
使用材料
KMEW(ルーガ雅) 
施工内容その他
築年数
約40年
保証年数
10年
工事費用
約230万円(税込)
建坪
98㎡
ハウスメーカー
IMG_8382-columns2
調査時の玄関上の下屋根軒先部分です。夜中に崩れたとのことでしたが、出入りされる日中でなくてよかったです。瓦、敷き土、垂木、モルタルを含め、すべてが落下していました。ここから原因や状況を調査していきます。
IMG_8377-columns2
屋根の樋が掛かっている部分を「軒先」、斜めの部分を「妻」と言いますが、妻部分の丸瓦の下に入っている土が経年劣化で少なくなり、沈んできたところで丸瓦に向かって水が集まるようになっており、集まった水が野地板、垂木を腐食して無くなり、さらに集まった水がモルタルの中に溜まって負荷を掛かったところでクラックが入り、落下したようです。
IMG_8375-columns2
この部分は崩れてはいませんが、丸瓦が沈んでいるのがわかります。こうなると水が集まり、漏水します。
IMG_8373-columns2
屋根の上の方から通して見ると、部分的に丸瓦が沈んでいるのがよくわかります。下から見ると、こちらの軒裏にもクラックが入っていました。

玄関屋根の錆も激しく、塗装では対応できない状態でした。
IMG_8370-columns2
丸瓦には土が入っていました。固定銅線はありませんでした。 

丸瓦や、屋根の一番高いところに取り付けてある棟瓦には基本的に土で納めてあります。割と新しい建物では銅線などでずれないように固定してあります。
IMG_8719-columns2
瓦屋根の広い部分の瓦を「桟瓦」と言いますが、桟瓦下にも、瓦を安定させるための捨て土が入っていました。

私たちは屋根材のことを一次防水、万が一その下に水がまわった場合に水を止めるルーフィングを二次防水と言いますが、二次防水となるルーフィングも経年劣化で破れていました。
IMG_8715-columns2
割れた瓦も何枚か確認できました。
IMG_8713-columns2
その他にも漆喰の剥がれや、野地板の劣化等が見受けられました。
LBPD5092-1
瓦の経年劣化、野地板の傷みとたわみ、軒先が落下したことを踏まえて屋根リフォームのご提案をさせて頂きました。

内容としては既存の瓦を下ろして落下した軒先部分の補修をし、構造用合板の重ね張りによる野地板の補強をした上で、新しい屋根材を葺き、軒裏部分のモルタルを補修し、玄関の板金屋根も葺き替えるというご提案をさせて頂きました。

屋根材の方はお客様から、「軽くて瓦のような見た目のもの」とのお話を頂いたので、KMEWの「ルーガ雅」をご提案させて頂くことになりました。KMEWのルーガは非常に割れに強く軽い瓦で、セメント瓦の半分程度の重量です。見た目の厚みも瓦と遜色なく重厚感があるのに軽いのです。軽い理由は素材にあります!セメントをベースに樹脂と繊維を配合しているハイブリッド瓦だからです。
一般的なセメント瓦塗膜が薄くなったら水が浸透し、凍害割れや欠け、雨漏り等に悩まされますが、ルーガは基材に水が浸透しないので凍害は起きません。次に重量ですが、今回のお客様宅の瓦は捨て土が入っていたので、ルーガにすることで半分以下の重量になります。お客様の屋根はいぶし瓦の桟葺き捨て土ありという工法で施工してありました。試算した現在の屋根重量は約5トン強!提案させて頂いたルーガ雅で施工した場合、12㎜の構造用合板の重量を足しても約3トンまで軽くできます。屋根が2トン以上軽くなるということは、それだけ建物にかかる負荷が少なくなるわけで、耐震性もかなり向上します。耐候性能も30年以上褪色しない無機塗料によって仕上げられており、今後の塗り替えも必要ありません。

次に玄関屋根ですが、カラー鋼板の立平葺きで提案させて頂きます。一昔前までブリキ屋根やトタン屋根などをよく聞かれていたと思いますが、ブリキとは鉄板の表面にすずメッキを施したもので、トタンとは亜鉛メッキを施したものです。どちらも雨によってメッキが溶けやすく、溶け出すことによって錆を防ぐ効果は高いのですが、メッキが溶けてなくなれば錆が発生します。そこで新しく発売されたものがガルバリウム鋼板です。亜鉛にアルミを配合することで高い防錆効果を発揮します。ですが今時代はSGL鋼板になっています。 SGL鋼板とはガルバリウムの亜鉛とアルミにマグネシウムを配合したメッキ層を持つ鋼板で、ガルバリウム鋼板のメッキと比べ、3倍の防錆効果を期待できます。説明が長くなりましたが、今回はこのカラーSGL鋼板の立平葺きでご提案させて頂きました。
64543dc61b41b95248bbbb7959329e3c-columns1
後日ご契約を頂きました。数ある業者の中から当社にご依頼いただきありがとうございます。ここからは信頼に応えられるよう誠心誠意工事を進めさせていただきます。

工事前にご近隣の挨拶に回らせて頂き、仮設足場が絡むカーポートの屋根の部分撤去から工事を着工させて頂きました。仮設足場設置後、瓦を撤去して野地板を見てみると、だいぶ薄い板を張られていたようでした。これは想定内です。合板を重ね張りするご提案をさせて頂いていたので、既存の野地板の上に12㎜の構造用合板を重ね張りしていきます。
S__25911301-columns2
屋根はきれいに葺き上がりました。今回はお客様のご希望で、ルーガ雅のモダン・オレンジを使用させて頂きました。外壁取合いの板金処理と、軒天井のモルタル補修を済ませば完了です。
S__25911305-columns2
こちらの面もきれいに葺き上がっており、外壁取合いの板金処理のみ残った状態です。
S__25911306-1-columns1
換気棟も施工させて頂きました。桟瓦と棟瓦の間に隙間が出来ているのが換気棟です。換気棟とは、瓦裏の隙間の空気と小屋裏の空気を効率的に抜くことによって、こもった空気を排出するためのものです。ただ穴が開いているだけのように見えますが、雨水の侵入を防ぎ、自然換気します。
「穴が開いているだけで本当に空気が抜けるの?」と言われたことがありますが、抜けるんです!熱い空気は高いところに上がります。その熱対流で自然に換気ができるんです。夏の猛暑日は瓦が大変熱くなります。熱くなればなるほど熱対流が活発に起こります。熱い空気を効率的に抜くことで、小屋裏の空気を冷まし、暑い日の室内の温度が緩和されます。逆に冬は夏対流が起こりにくいので、寒くなることはありません。

【工事完了後】

GYWQ3046-2-simple
屋根はお客様のご希望でルーガ雅のモダン・オレンジにて葺き替え、台風や地震に強い建物に生まれ変わりました。

錆が多く発生していた玄関屋根もカラーSGLの立平葺きにて葺き替え、外観がリフレッシュできました。

この度は当社をご指名頂きありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

倉敷市下庄で築20年のスレート屋根材からルーガへの葺き替え工事です

IMG_5591
IMG_5817
工事内容
屋根葺き替え
外壁塗装
足場
使用素材
ケイミュー ルーガ鉄平
築年数
約20年
建坪
38坪
保証
10年
工事費用
約300万円
施工事例

倉敷市児島で築30年の瓦屋根を板金屋根に葺き替えました

IMG_4419-1
IMG_4588
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
足場
使用素材
板金屋根材(ニチハ製)
築年数
約30年
建坪
45坪
保証
10年
工事費用
約300万円
施工事例

倉敷市藤戸でリッジウェイ(アスファルトシングル)に葺き替え&一部カバー工事です

IMG_6128
IMG_6188-1
工事内容
屋根葺き替え
屋根カバー工事
足場
使用素材
アスファルトシングル材
築年数
約40年
建坪
約41坪
保証
10年
工事費用
約185万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_4416

今回、倉敷市にお住まいのお宅で、瓦屋根から軽い板金屋根材(ニチハ製横暖ルーフ)に葺き替え工事をさせて頂いてます。依頼の切っ掛けは雨漏りでした。屋根の谷部分からの雨漏りですね。昔の板金も腐食が始まってました。瓦も30年以上経過してまして、お客...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283