オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡山市北区で雨漏りしていた瓦屋根を板金屋根に葺き替えました


岡山市北区で雨漏りしていたセメント瓦屋根の葺き替え工事が完了しました。以前の屋根材は築50年近くと言う事もあり、当時多かったセメント瓦でした。新しく使用した屋根材は「アポロルーフ」と言われている板金横葺き材です。早速、屋根上を見ていきます。

こちらが既存の瓦屋根です

6-1-columns1
こちらが既存の屋根です。築50年近く前のセメント瓦です。セメント瓦は当時の屋根材としして多く使用されていました。現在の瓦は耐久性、対候性の高い釉薬瓦等が主流でセメント瓦はほとんど使用することはなくなりました。何十年もの耐久性を持った釉薬瓦に対して、セメント瓦は塗膜が劣化すると水分が基材に浸透し、基材が劣化していきます。雨漏りも発生してきます。定期的な塗装も費用がかかりますからね。

板金屋根葺き替え工事完了です

6-2-1-columns1
板金屋根葺き替え完了です。かなりの軽量化もできました。屋根材の軽量化は耐震性向上に貢献します。

谷、取り合い部分仕舞状況です

4-2-4-columns1
谷部、壁取り合い部分の状況です。同色と言う事もあり、スッキリとした仕上がりです。この部分もよく雨漏り発生箇所になる部分ですので、チェックが必要です。以前の状態も谷板金は腐食によって、穴が開いていました。異物、ゴミにより水の流れを塞いでいるお宅もあります。そうなると板金部分を超えた水が屋根地に伝わる事となります。危険ですので、自分では出来ませんが、定期的に屋根の点検も行いたいですね。その時は当社に依頼してください。登れない屋根にはドローンを使用して点検させていただきます。

棟違い部収まりになります

5-2-3
棟違い部分の収まり状況です。雨漏り箇所によくある部分ですね。複雑な仕舞が必要な箇所です。僅かな壁部分も軒天部迄、板金を立ち上げて収めました。強風時の吹込みもありますからね。

テラス屋根も葺き替えました

7-2-3-columns1
手前のテラス屋根も葺き替えました。以前は瓦棒でした。こちらは勾配が緩い事もあり、立平と言う板金縦葺き材を使用しました。0.5寸勾配から使用可能な商品です。瓦棒のように木製の芯が必要ない工法です。木製の芯木が腐食することもありません。このように、様々な場所に応じて、最適な屋根材、工法を選択してご提案させていただきます。古い屋根材で雨漏りでお困りでしたら一度ご相談ください。最適なプランをご提案させていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_1408

瀬戸内市で築30年になるカラーベスト屋根の改修工事です。今回はカラーベストを撤去しなくても施工可能なアスファルトシングルのカバー工事です。既存のカラーベストは30年前のカラーベストですので有害なアスベストを含んでいます。撤去して葺き替えとな...........

IMG_7499

築40年経過した瓦と下葺き材を撤去した状態です。ケラバ部分はプリントの化粧合板を貼っていました。当時は多くの住宅で採用されていました。しかし、永い年月が経過し、表面が剥がれてきていました。耐久性、対候性ではやはり天然木には劣るようですね。当...........

DPZX9262

上空からのドローン撮影写真です。屋根形状がよくわかりますね。母屋に離れを増築したみたいです。それにしても落ち葉が凄いですね。裏側が山に面している為仕方ないのですが。離れとの取り合い部には谷樋があるのですが、落ち葉によって塞がれている状態に見...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283