オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡山市北区で雨漏りを起こした玄関パラペット屋根の改修工事です


DSCN1006-columns2
玄関の屋根としてよく見られるパラペット形状の屋根です。デザイン性も高いのですが、内部に排水口がある内樋となってます。長年のごみ、落ち葉類が詰まると排水が出来ずプール状態となり、屋根材継ぎ目、立ち上がり部、壁取り合いから雨水が浸入して軒天や玄関壁に雨漏りが起きます。この形状の屋根でしたら、定期的な点検、排水の清掃が必要ですね。
DSCN1005-columns2
今回はパラペット形状から片流れの屋根に変更することとしました。軒先に樋を取付ます。こうすることで、排水のつまりを気にすることはなくなります。軒天の雨漏りはなくなるでしょう。解体することなく、内部に下地を組み、パラペット上部で板金屋根を張る事としました。
DSCN1008-columns2
下地の上はコンパネを張ります。板金縦葺で対応可能な0.5寸勾配としました。僅かな勾配です。地上からはほとんど屋根面は見えないでしょう。
DSCN1007-columns2
コンパネ張が完了しました。屋根下地が完了です。上を歩いてもとてもしっかりしています。
DSCN1010
軒先部分です。軒先水切りを付けるのですが、既存パラペットとの隙間もあり防水紙を貼る前に既存屋根への水の侵入を防ぐ処置をします。既存の板金部はすべて隠れる様に仕舞をしていきます。防水性はもちろんですが、見た目も重要ですからね。
DSCN1011-columns2
防水紙の貼り付けです。壁取り合い部は壁が既存ですので、通常の板金立ち上げ面付収まりとなります。壁取り合い部の防水も重要ですからね。
DSCN1012-columns2
防水紙の施工が完了しました。屋根勾配もさほどないので、重ね等に注意して貼り付けます。次は板金屋根の施工ですね。樋の取付を含めてあと2日で完工予定です。雨漏りは大切な財産を傷めてしまいます。早期に気ずき発見をすることで被害を最小限にすることができます。雨漏りを発見したら早い連絡をお願いいたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

6-1

岡山市北区で雨漏りしていたセメント瓦屋根の葺き替え工事が完了しました。以前の屋根材は築50年近くと言う事もあり、当時多かったセメント瓦でした。新しく使用した屋根材は「アポロルーフ」と言われている板金横葺き材です。早速、屋根上を見ていきます。

IMG_1408

瀬戸内市で築30年になるカラーベスト屋根の改修工事です。今回はカラーベストを撤去しなくても施工可能なアスファルトシングルのカバー工事です。既存のカラーベストは30年前のカラーベストですので有害なアスベストを含んでいます。撤去して葺き替えとな...........

IMG_7499

築40年経過した瓦と下葺き材を撤去した状態です。ケラバ部分はプリントの化粧合板を貼っていました。当時は多くの住宅で採用されていました。しかし、永い年月が経過し、表面が剥がれてきていました。耐久性、対候性ではやはり天然木には劣るようですね。当...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283