オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡山市北区で築40年物件のパラペット部周辺からの雨漏りの調査です


岡山市北区の住宅密集地にある築40年以上になる建物の雨漏り調査を行いました。外壁面の壁多数に雨漏りが見られるとの事です。雨漏り調査はなかなか原因の特定が難しく、複数の要因があることも多く難しい作業です。特に築年数が経過してる建物は部材の劣化もあり、かなりの補修、全改修になるケースが多いですね。今回もそうなりそうですが、とりあえず屋根上を確認してみましょう。
IMG_7087-columns2
地上から建物を見るだけでは屋根の部材、形状は全く確認できません。外壁に面した部分の内壁部に雨のシミが出来ているとの事です。なんとか2連梯子で登る事が出来そうですので、登って確認することのしました。
IMG_7093-columns2
屋根上の状況です。パラペットの中に瓦屋根がありました。板金部もかなり腐食が見られます。板金素材も現在一般的なガルバリウム鋼板ではないので、錆が酷い状態です。パラペット笠木の板金、ジョイント部、上部の固定釘など雨水が入りそうな部分が満載ですね。
IMG_7089-columns2
パラペット部以外でも切妻屋根周囲の谷部の板金にも腐食、穴あきが見られます。現在のガルバリウム鋼板ですと大丈夫と思いますが、こうなれば全改修しか改善方法がないみたいです。
IMG_7090-columns2
パラペット内面の部分です。釘で固定されてますが、めくれている部分、釘の抜けている部分等見られます。下部板金の立ち上がりも30mm程度の部分が見られます。また、笠木板金のかぶりもほとんどない部分があります。新築当初でも雨漏りがありそうですね。
IMG_7092-columns1
こちらの建物を見させて頂き、築40年以上の劣化、腐食は当然ありますが、新築当時の施工にも問題があると感じました。当時の基準と現在の基準は違うと思いますが、基本的な雨水の処理に問題があります。完全に雨水の侵入を止める為にはすべて撤去し、躯体の現状を確認し必要があれば躯体の補修補強を行い新たに板金施工を行いたいですね。簡単ではないので時間は要すると思いますが見積を行いましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

98ec54c6aa6a0e381e6b657eee020820

大屋根部の下葺材「ルーフィング」の貼り付けが完了しています。棟部の収まり、重ね寸法、損傷など確認をしていきます。こちらの屋根形状では複雑な谷部、棟違いなどはありませんので基本的な収まりの部分の確認になります。使用しているのは、田島ルーフィン...........

DSCF0159

今回使用したのは「ウレタン防水」です。ウレタン防水とは液体のウレタン上に重ね塗りをする工法です。二種類の工法があり「密着工法」と通気緩衝工法」があります。こちらでは通気緩衝工法で行いました。密着工法はウレタン防水材を塗り補強布を張り、その上...........

P1100309

粘土を材料にして作られた焼き物瓦です。そのまま窯で焼いた素焼き瓦です。昔は日本瓦とも呼ばれています。また、瓦に釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものは釉薬瓦と言います。入母屋形状の屋根で、純日本風の建物には定番ですね。産地によっても三州瓦、石...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283