オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡山市中区で築30年の釉薬瓦屋根の調査依頼です


工事内容

DSC01103-columns1
こちらのお宅の瓦は粘土瓦の一種で、「釉薬瓦」です。陶器瓦とも言います。セメント瓦と比較し、高い耐久性、対候性をもっています。粘土質瓦としては、釉薬瓦・いぶし瓦・素焼き瓦が一般的です。産地によって、三州瓦、淡路瓦などがありますが寒い地域には凍害に強い三州瓦が比較的適しています。こちらも瓦自体はきれいですね。
DSC01108-columns1
瓦を剥がしました。現在では全枚数固定が一般的ですが、当時は部分的な固定のみですので、簡単にはがし交換が可能です。強風、地震等の災害を考えれば、もちろん全固定したいですね。
DSC01105-columns1
棟部分の漆喰が剥がれていますね。耐久性の高い釉薬瓦ですが、定期的な点検補修は必要です。飛来物による割れ、漆喰の剥離、瓦のズレなどは、早期に発生することもあります。早い時期での補修がメンテナンス費用を抑えることが出来ます。こちらの漆喰剥離も早い時期に補修しなければ、雨漏り、また棟瓦の脱落に至る事もあります。出来れば10年サイクル程度の点検を行いたいですね。
DSC01099-columns1
壁極の部分、のし瓦が崩れています。30年が経過している為、この様な不具合の発生は仕方ないのでしょう。早期発見で、早めの補修を行う事で、進行を食い止められる事が可能です。
DSC01101-columns1
30年経過の竪樋も不具合が出ていますね。樋の耐久性は瓦程、長くはないので、そろそろ交換の時期を迎えてます。破損、変形が数か所見られます。今回は漆喰補修程度のメンテナンスでとりあえず大丈夫そうですね。しかし、お施主様は重い瓦屋根は耐震性などに不安との事です。躯体の構造について行う耐震補強は大掛かりな工事となりますが、軽い屋根材に変更することにより、揺れを抑えることが可能です。瓦形状の「ルーガ」、金属製屋根材もおすすめです。屋根についての不安、悩みがあればご相談してください。一緒に解決しましょう。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283