オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡山市中区でドローンを使用して築40年のセメント瓦の調査です


DPZX9262-columns1
上空からのドローン撮影写真です。屋根形状がよくわかりますね。母屋に離れを増築したみたいです。それにしても落ち葉が凄いですね。裏側が山に面している為仕方ないのですが。離れとの取り合い部には谷樋があるのですが、落ち葉によって塞がれている状態に見えます。当然水の流れを止めていまうと雨漏りとなりますので、ネット等で囲うか定期的な清掃が必要です。軒樋もこの状態であれば詰まっているでしょうね。次は屋根に登って細部の確認をしていきます。
IMG_2618-columns1
築40年経過したセメント瓦の状態です。塗膜はほとんどなくなっています。セメント素地の状態ですね。黒いパイプは太陽光温水器の配管です。
IMG_1883-columns1
離れ取り合い部の状態です。山林が隣ですので、落ち葉が凄いですね。取り合いの谷樋は流れていないでしょう。何らかの対策が必要ですね。
IMG_1890-columns1
谷樋の上にぎっしりと落ち葉がのっています。清掃しても短期間でこの状態になるのでしょね。
IMG_1882-columns1
太陽光温水器です。以前はよく見られました。こちらの温水器は現在では使用してないそうです。オール電化でエコキュート等を設置していると、給湯での電気代は僅かになりますので最近では少なくなっています。水が内部にはいりなすので、重量もかなりになるので、屋根の負担も心配になります。
IMG_1881-columns1
40年経過したセメント瓦を剥がしてみました。雨水が浸透して付いた浸みが防水紙に見られます。瓦は破損していないので、表面から浸透したのでしょう。塗装の重要性がよく分かりますね。この状態になるともう塗装は出来ませんが。こちらでは瓦と言う事でカバー工法は出来ませんので、瓦撤去後に軽い屋根材のご提案をさせていただこうと思います。躯体も築40年となると耐震性にも不安ですので、少しでも軽い屋根材がいいでしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

6-1

岡山市北区で雨漏りしていたセメント瓦屋根の葺き替え工事が完了しました。以前の屋根材は築50年近くと言う事もあり、当時多かったセメント瓦でした。新しく使用した屋根材は「アポロルーフ」と言われている板金横葺き材です。早速、屋根上を見ていきます。

IMG_1408

瀬戸内市で築30年になるカラーベスト屋根の改修工事です。今回はカラーベストを撤去しなくても施工可能なアスファルトシングルのカバー工事です。既存のカラーベストは30年前のカラーベストですので有害なアスベストを含んでいます。撤去して葺き替えとな...........

IMG_7499

築40年経過した瓦と下葺き材を撤去した状態です。ケラバ部分はプリントの化粧合板を貼っていました。当時は多くの住宅で採用されていました。しかし、永い年月が経過し、表面が剥がれてきていました。耐久性、対候性ではやはり天然木には劣るようですね。当...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283