オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市中島で腐食した瓦棒、破風板の調査にお伺いしました


DSC00564-columns1
こちらの屋根材が板金瓦棒です。瓦と付きますが瓦屋根ではありません。芯木となる棒を瓦棒と言います。見ての通りかなりの腐食状況です。芯木も軒先から水を吸い上げて腐っていますね。瓦棒屋根の最大の弱点です。芯木に鉄板を固定しているので、芯木が腐れば強風にあおられたら屋根鉄板自体がめくれてしまうことがあります。現在は瓦棒に代わる新しい工法の縦ハゼ葺きが主流となっていますので、そちらを提案させていただきます。芯木が必要なく、施工可能勾配も0.5寸と瓦棒よりさらに緩い勾配から施工できます。
DSC00554-columns1
ケラバの木製破風板です。無残な状態ですね。屋根面から雨水を吸水していたのでしょう。今回は板金で木製破風板を巻く工事を予定しているのですが、この状態では腐食が激しく、板金の固定が出来ません。部分的に破風板のやり替えが必要となります。
DSC00553-columns1
ケラバ部分ですが、こちらも腐食で欠けています。雨のよく当たる部分ですからね。こちらも交換が必要ですね。
DSC00552-columns1
軒先部分の破風板は比較的状態がいいようです。屋根、樋の交換は必須ですが、破風板金巻は何とか可能でしょう。木製破風板の交換工事は、大工工事となります。予め採寸し、加工した破風板と交換します。大工さん、木材加工が必要です。街の屋根やさん岡山倉敷店では、内部改装工事も承っておりまので、木工事も自社で可能です。こちらの屋根状態では、屋根材の撤去後の下地合板の点検補修も必要となるでしょう。場合によっては、垂木、母屋の交換補強も必要となる可能性もありますね。当社では即対応が可能です。下地~最終仕上げまで責任施工の街の屋根やさん岡山倉敷店にご相談してください。お待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

6-1

岡山市北区で雨漏りしていたセメント瓦屋根の葺き替え工事が完了しました。以前の屋根材は築50年近くと言う事もあり、当時多かったセメント瓦でした。新しく使用した屋根材は「アポロルーフ」と言われている板金横葺き材です。早速、屋根上を見ていきます。

IMG_1408

瀬戸内市で築30年になるカラーベスト屋根の改修工事です。今回はカラーベストを撤去しなくても施工可能なアスファルトシングルのカバー工事です。既存のカラーベストは30年前のカラーベストですので有害なアスベストを含んでいます。撤去して葺き替えとな...........

IMG_7499

築40年経過した瓦と下葺き材を撤去した状態です。ケラバ部分はプリントの化粧合板を貼っていました。当時は多くの住宅で採用されていました。しかし、永い年月が経過し、表面が剥がれてきていました。耐久性、対候性ではやはり天然木には劣るようですね。当...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283