オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市玉島でアスファルトシングル(リッジウェイ)の棟施工です


IMG_2319
アスファルトシングル「リッジウェイ」の施工です。旭ファイバーグラス社製のアスファルトシングル屋根材です。既存カラーベストを洗浄し、接着タイプの下葺き材を貼り付け、その上にリッジウェイを施工しています。カラーベストと同様に水下から上に向かって張り付けていきます。固定は専用釘での固定となりますが、裏面のセルフシーラント機能によって接着します。そのことで、高い防水性、耐風性を誇ります。また柔らかく割れにくい素材ですので、落下物等による割れの心配も少ないと思います。カラーベストの約半分の軽さも魅力です。様々な特徴を持った屋根材となります。
IMG_2327
屋根平部分の施工が完了したところです。グラデーション調の仕上げが綺麗ですね。単色のカラーベストとはまた違った仕上がりです。屋根勾配が緩やかなこちらの屋根では地上からはあまり見えないのがもったいないですね。
IMG_2321
平部の施工が完了したので、隅棟の施工に入ります。同質棟施工もできますが、こちらでは板金棟収まりとなります。写真の樹脂下地材を取付た後、板金棟材を下地に固定していきます。カラーベストにおいても、同様の施工になりますが、以前は下地に木材を使用していました。しかし、永い年月で腐食していくことがあり、強風により棟板金がはがれるということが発生しました。樹脂下地を使用することで心配は解消されると思います。
IMG_2326
樹脂下地には横からビスで固定します。ステンレス製のパッキン付きビスを使用しています。
IMG_2320
棟部を上部から見たところです。真っ直ぐに綺麗に通ってますね。グラデーション調のカラーが綺麗で、軽量、耐風性、耐衝撃性に優れ、重ね葺きには最適な商品でしょう。板金屋根材と比較して、リーズナブルな価格も魅力ですね。施工をお考えならアスファルトシングルの施工実績も豊富な、街の屋根やさん岡山倉敷店に是非ご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

6-1

岡山市北区で雨漏りしていたセメント瓦屋根の葺き替え工事が完了しました。以前の屋根材は築50年近くと言う事もあり、当時多かったセメント瓦でした。新しく使用した屋根材は「アポロルーフ」と言われている板金横葺き材です。早速、屋根上を見ていきます。

IMG_1408

瀬戸内市で築30年になるカラーベスト屋根の改修工事です。今回はカラーベストを撤去しなくても施工可能なアスファルトシングルのカバー工事です。既存のカラーベストは30年前のカラーベストですので有害なアスベストを含んでいます。撤去して葺き替えとな...........

IMG_7499

築40年経過した瓦と下葺き材を撤去した状態です。ケラバ部分はプリントの化粧合板を貼っていました。当時は多くの住宅で採用されていました。しかし、永い年月が経過し、表面が剥がれてきていました。耐久性、対候性ではやはり天然木には劣るようですね。当...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283