オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市で釉薬瓦の雨漏りの点検にお伺いしました


S__71573506-columns2
釉薬瓦の屋根点検調査にお伺いしました。釉薬瓦はセメント瓦と比較して、耐久性、対候性に優れた瓦です。しかし、長年の風雨、地震などで割れ、ズレ、漆喰の剥がれ等の発生はあります。定期的な点検メンテナンスは必要です。
S__71573510-columns2
ケラバ部分の瓦ですが、ずれてますね。雨漏りの心配だけではなく、脱落の心配も出てきます。
S__71573507-columns2
棟部分ですが、棟瓦が割れてます。台風時にでも、何か上空から飛んできたのでしょうか。当然雨水も侵入してます。雨漏りの発生部分ですね。
S__71573509-columns2
棟瓦仕舞部分で漆喰を塗っているのですが、劣化して剥離してます。漆喰の劣化も長年の歳月で必ず起こります。定期的な補修が必要です。
S__71573519-columns2
瓦を一部はがした所です。防水紙、瓦桟に水のシミがあります。釉薬瓦も劣化して表面クラックは発生します。すると吸水して裏面に廻り防水紙、瓦桟まで濡れてます。瓦桟が防水紙上の水の流れを止めてしまうので、漏れやすいですね。
S__71573514-columns2
軒樋を見ると竪樋の排水部分にスズメの巣らしきものがあります。竪樋の内部で詰まってしまったら面倒ですので早く取り除きたいですね。よく見る光景ですが、樋も定期的な点検が必要ですね。
今回見させていただいたお宅は築30年程度ですが、耐久性に優れた釉薬瓦も長い年月で劣化が見られました。割れ、漆喰補修では、解決しそうではないですね。瓦ですのでカバー工法と言うわけにはいかないので、葺き替えしか選択肢はなさそうです。重い瓦から軽い屋根材に変更することによって、躯体の負担を減らし、耐震性を向上させることも考えるといいですね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__66633741

築40年になる、セメント瓦です。塗膜はすでに無くなっていますね。塗膜のなくなったセメント瓦は吸水しますので、防水性能はすでにない状態と思われます。下葺き材の防水性が保たれていれば雨漏りを防ぐことが出来ますが。

IMG_2319

アスファルトシングル「リッジウェイ」の施工です。旭ファイバーグラス社製のアスファルトシングル屋根材です。既存カラーベストを洗浄し、接着タイプの下葺き材を貼り付け、その上にリッジウェイを施工しています。カラーベストと同様に水下から上に向かって...........

IMG_7844

既存カラーベストの撤去が完了したところです。見えるのは既存の下葺き材(ルーフィング)です。新しい屋根材の施工前には当然新しいルーフィングを貼ります。既存のルーフィングは標準的なアスファルトルーフィングを貼っていました。カラーベストの下葺き材...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283