オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡山市東区で築30年の瓦屋根の調査に行ってきました


DSC01103-columns1
こちらの瓦は釉薬瓦です。陶器瓦とも言います。昔普及していたセメント瓦と比較して耐久性・対候性に優れているのが特徴です。粘土質瓦の一種で、釉薬(うわ薬)をかけて高温で焼き上げた瓦です。瓦表面の釉薬がガラス質になっている為、水が浸透せず、長い年月にわたって美しい状態を保ちます。基本的に塗装等のメンテナンスは必要ない瓦となっていますが、点検が必要ないわけではありません。瓦自体の耐久性は非常に高いのですが、漆喰の剥離、ズレ、割れの発生は避けることは出来ません。定期的な点検補修は必要です。それでは細部を確認していきます。
DSC01105-columns1
棟部の漆喰の剥離が見られます。内部の土が露出してますね。早く補修を行わないと土が崩れ、最悪は棟瓦が崩れていくことになりかねません。早期の発見で補修することにより、メンテナンス費用を抑えることにつながります。
DSC01099-columns1
壁極のノシ瓦が崩れていますね。こちらも内部の土が崩れ、流れ落ちていくと補修にも手間がかかります。こちらも早期発見できれば、補修も比較的簡単に可能です。
DSC01108-columns1
瓦本体を剥がし内部の防水紙、瓦桟の状態を確認します。現在の瓦施工は全瓦固定が一般的になっていますが、この当時の施工では、部分的な固定のみで瓦桟に引っ掛けて固定しています。瓦の交換は容易ですが、強風、地震などの災害時の安心を思えばすべて固定したいですね。
DSC01101-columns1
竪樋が破損していました。築30年となると雨樋は交換時期と言えます。破損、変形などの不具合が数か所見られました。樹脂製樋ですので、紫外線などによる経年劣化は避けられませんね。今回は釉薬瓦の高い耐久性は確認できましたが、漆喰などの補修の必要性も確認しました。やはり定期的な点検補修を行う事が重要ですね。不具合を早期に発見し、補修することにより長期間の安心と、メンテナンス費用の節約となります。不安に思っていることがあれば、御相談ください。点検にお伺いさせていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__66633741

築40年になる、セメント瓦です。塗膜はすでに無くなっていますね。塗膜のなくなったセメント瓦は吸水しますので、防水性能はすでにない状態と思われます。下葺き材の防水性が保たれていれば雨漏りを防ぐことが出来ますが。

IMG_2319

アスファルトシングル「リッジウェイ」の施工です。旭ファイバーグラス社製のアスファルトシングル屋根材です。既存カラーベストを洗浄し、接着タイプの下葺き材を貼り付け、その上にリッジウェイを施工しています。カラーベストと同様に水下から上に向かって...........

IMG_7844

既存カラーベストの撤去が完了したところです。見えるのは既存の下葺き材(ルーフィング)です。新しい屋根材の施工前には当然新しいルーフィングを貼ります。既存のルーフィングは標準的なアスファルトルーフィングを貼っていました。カラーベストの下葺き材...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283