オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市松江でお寺の樋の点検補修の依頼です


IMG_7518-columns1
山の畔にあるお寺です。築年数は40年程度らしいです。瓦の上に落ち葉がのっています。雨が降れば落ち葉は軒樋の中に入ることになるでしょう。軒樋の中は落ち葉、泥が溜まっていました。永い年月、清掃はしてないのでしょう。毎日住んでいる住宅でしたら雨水の溢れも気になると思われますが、日ごろ人が住まれてない為、気にする人もいなかったのでしょうか、溢れた部分の土台が腐食していました。
IMG_7513-columns2
軒先の部分を下から見ましたが、屋根上を伝っているハイ樋が手前に飛び出した状態でした。こちらのハイ樋はかなりの水量が流れます。正常な取付であっても半丸の容量では、まかないきれないでしょう。
IMG_7519-columns2
樋形状は美観もあって半丸形状から変更は難しい為、竪樋を追加することを提案させていただきました。
IMG_7509-columns1
IMG_7510-columns1
こちらはお寺などの日本家屋でよく見られる照り屋根です。屋根が反っています。こちらの部分の軒樋も当然反っています。樋も照り樋と言います。形状によく合っていますね。
IMG_7507-columns1
上合内部もかなりの落ち葉、泥でほぼ詰まった状態でした。廻りに木が多く仕方ないと思われるのですが、軒樋内部に取付可能な「落ち葉よけネット」と言う商品もあります。樹脂製のネット形状の商品ですが、落ち葉の侵入を軽減してくれます。このような立地場所では取付を検討してもいいでしょう。これも提案させていただく事となりました。
IMG_7511-columns1
竪樋ですが、部分的に支持金物が打ち込みタイプなのですが、柱から抜けている部分がありました。外壁が天然木製ですので、モルタル、サイディングなどと比較したら水での劣化、変色の進行は早くなります。より注意が必要です。定期的な点検で、補修清掃を行うことで外壁を守ることが出来ます。少しでも不安に思うところがあるようでしたら点検のみでもお伺いさせていただきます。ご相談をお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__66633741

築40年になる、セメント瓦です。塗膜はすでに無くなっていますね。塗膜のなくなったセメント瓦は吸水しますので、防水性能はすでにない状態と思われます。下葺き材の防水性が保たれていれば雨漏りを防ぐことが出来ますが。

IMG_2319

アスファルトシングル「リッジウェイ」の施工です。旭ファイバーグラス社製のアスファルトシングル屋根材です。既存カラーベストを洗浄し、接着タイプの下葺き材を貼り付け、その上にリッジウェイを施工しています。カラーベストと同様に水下から上に向かって...........

IMG_7844

既存カラーベストの撤去が完了したところです。見えるのは既存の下葺き材(ルーフィング)です。新しい屋根材の施工前には当然新しいルーフィングを貼ります。既存のルーフィングは標準的なアスファルトルーフィングを貼っていました。カラーベストの下葺き材...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283