オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市水島で店舗の屋上パラペット笠木の交換です


IMG_7371-columns1
店舗の既存笠木を撤去した部分です。内壁部に穴が開いている部分にはアングルが付いていました。以前に照明器具を取り付けていたそうです。既存の笠木のかぶり寸法は4㎝程度でしたが、今回は開口部も覆うため、8㎝としました。既存笠木を撤去しアングルなどの付帯物をグラインダーでカットします。下地の凸凹は取付時の障害になるので、下地調整は大事な作業です。取り付けていたアングルの錆が外壁に付着して外壁にも錆が出ていました。金属部材の取付は注意したいですね。
IMG_7419-columns1
こちらは、笠木の控え柱の部分です。R部分があり、下地板を現場でカットして張り付けています。柱型の部分も板金巻き仕上げとしました。現場採寸を行い工場加工品を持ち込みました。綺麗に収まりました。一部R部分があります。R部分の笠木は短い部材を組み合わせていく多角収まりとします。こちらも事前に採寸を行って工場加工をしています。正確な採寸が何より重要です。
IMG_7423-columns1
下地処理が終われば加工して搬入した笠木の取付です。ジョイント部には内部にシーリング施工をし、雨水の侵入を防止します。取付完了時にはジョイント上部から、仕上げシーリングを行いますが、紫外線、風雨にさらされる部分ですので、高品質のシーリング材でも長い年月では劣化し剥離の恐れもありますので。
IMG_7383-columns2
柱型取り合い部です。後は仕上げシーリングをしたら完了です。
IMG_7386-columns2
固定ビスのシーリングで笠木取付完了です。外壁と同色のホワイト色のガルバリウム鋼板を使用しています。錆腐食に強いガルバリウム鋼板ですので、永く美観を維持してくれるでしょう。このような板金工事も承っております。もちろん調査見積は無料ですのでお気軽にご相談をしてください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__66633741

築40年になる、セメント瓦です。塗膜はすでに無くなっていますね。塗膜のなくなったセメント瓦は吸水しますので、防水性能はすでにない状態と思われます。下葺き材の防水性が保たれていれば雨漏りを防ぐことが出来ますが。

IMG_2319

アスファルトシングル「リッジウェイ」の施工です。旭ファイバーグラス社製のアスファルトシングル屋根材です。既存カラーベストを洗浄し、接着タイプの下葺き材を貼り付け、その上にリッジウェイを施工しています。カラーベストと同様に水下から上に向かって...........

IMG_7844

既存カラーベストの撤去が完了したところです。見えるのは既存の下葺き材(ルーフィング)です。新しい屋根材の施工前には当然新しいルーフィングを貼ります。既存のルーフィングは標準的なアスファルトルーフィングを貼っていました。カラーベストの下葺き材...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283