オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡山市中区で築40年の瓦棒屋根の雨漏り調査です


DSC01492-columns1
築40年になる瓦棒の屋根です。瓦棒葺きはトタンなど金属板を屋根頂点から軒先に縦に並べた棒に取り付けていく工法です。費用面を安く抑えることができ、施工も早い事もあり一昔前は施設等の広い屋根から住宅に至るまで広く使用されていました。しかし現在では新しい工法が開発された為ほとんど採用されていません。トタンを使用している為、見ての通り錆が発生しやすいデメリットがあります。また熱を伝えやすい金属板ですので断熱性も低く、夏は暑さを、冬場は寒さをダイレクトに伝えてしまいます。瓦棒葺きはトタンを芯木に釘で固定するのですが、長い年月でその芯木が腐食して屋根材の強度が保てなくなる危険性も出てきます。強風により屋根材がめくれる事もあります。こちらの屋根材も不安がありますね。
DSC01490-columns1
奥の部分については全面が錆びています。バルコニーの影響で雨水が乾かず長時間濡れた状態になっていたのでしょう。木製バルコニーも腐食して危険な状態です。屋根の改修も出来ませんので、解体を行わないといけませんね。屋根改修後に必要があれば耐久性の高く安心できるアルミ製バルコニーを設置しましょう。
DSC01491-columns1
屋根材にバルコニーの加重が掛かっていますので躯体の強度も確認し、場合によっては補強も考えたいですね。
DSC01493-columns1
野地板にも雨水が浸入しているでしょうから屋根材を撤去し野地板、場合によっては垂木の交換も必要かもしれません。下地が腐食していれば新しい屋根材の固定も出来ません。屋根勾配が緩やかですので立平葺き工法がおすすめですね。瓦棒では必要でした芯木が必要なく、金属同士をかみ合わせて固定します。雨水で腐食する木材を使用しませんので長期間安心できます。もし古い瓦棒屋根でお困りでしたらご相談してください。最適な改修方法をご提案させていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

S__66633741

築40年になる、セメント瓦です。塗膜はすでに無くなっていますね。塗膜のなくなったセメント瓦は吸水しますので、防水性能はすでにない状態と思われます。下葺き材の防水性が保たれていれば雨漏りを防ぐことが出来ますが。

IMG_2319

アスファルトシングル「リッジウェイ」の施工です。旭ファイバーグラス社製のアスファルトシングル屋根材です。既存カラーベストを洗浄し、接着タイプの下葺き材を貼り付け、その上にリッジウェイを施工しています。カラーベストと同様に水下から上に向かって...........

IMG_7844

既存カラーベストの撤去が完了したところです。見えるのは既存の下葺き材(ルーフィング)です。新しい屋根材の施工前には当然新しいルーフィングを貼ります。既存のルーフィングは標準的なアスファルトルーフィングを貼っていました。カラーベストの下葺き材...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283