オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市水島で築30年のセメント瓦の塗装工事が完了しました


13-1-columns1
塗装前の状態です。瓦の先端に苔が付着しています。特に塗膜が劣化し、常に水分を含んでジメジメした状態になると苔の胞子が付着し根付いてしまいます。カビ、苔は瓦内部に根っこを張っていきますので、セメント基材にも悪影響を与えます。増殖していくと耐久性にも影響が出てきますので目立つようになれば早めに洗浄し塗装工事を行いたいですね。セメント瓦の塗装は築10年~15年で塗装するのが理想と言われています。そのころで塗装の劣化が進み塗装の防水性が切れてくるからです。こちらのお宅は塗装の劣化で防水性はほとんどない状態でした。セメント瓦は吸水すると膨張し、乾くと収縮する為基材に負担がかかり、ヒビ割れなどが発生してきます。定期的なメンテナンスが必要ですね。
13-2-columns1
塗装工事が完了した瓦です。クラック部は専用シーリング材で補修を行っています。セメント瓦は現在は製造販売されていません。瓦業者で古い中古品を保管していて形状が合えば差し替えが可能な時もあります。こちらで使用した塗料は耐久性の高い「フッ素」塗料です。最近主流のシリコン樹脂塗料より高価ですが、さらに高い耐久性、対候性で定評がある塗料です。
11-2-columns1
棟部の漆喰も同色で塗装してます。塗装で重要なのは、洗浄と下地処理です。汚れが残っていると塗料が剥離を起す危険が高まります。高圧洗浄を行うのですが、取り切れないカビ、苔はケレンなど手作業で綺麗に落とします。その後、クラック部のシーリングを行います。クラックは塗料では埋まりませんので、1枚ずつチェックを行います。
10-2-3-columns1
完了した屋根です。新築当初の銀黒色の屋根瓦になりました。耐久性に優れたフッ素塗料を使用させていただきましたので、永く美観を保ってくれるでしょう。今ではさらに高耐久を謳っている無機質塗料もあります。塗料も日々進化しています。屋根外壁の塗装をお考えなら是非ご相談をお願いいたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

98ec54c6aa6a0e381e6b657eee020820

大屋根部の下葺材「ルーフィング」の貼り付けが完了しています。棟部の収まり、重ね寸法、損傷など確認をしていきます。こちらの屋根形状では複雑な谷部、棟違いなどはありませんので基本的な収まりの部分の確認になります。使用しているのは、田島ルーフィン...........

DSCF0159

今回使用したのは「ウレタン防水」です。ウレタン防水とは液体のウレタン上に重ね塗りをする工法です。二種類の工法があり「密着工法」と通気緩衝工法」があります。こちらでは通気緩衝工法で行いました。密着工法はウレタン防水材を塗り補強布を張り、その上...........

P1100309

粘土を材料にして作られた焼き物瓦です。そのまま窯で焼いた素焼き瓦です。昔は日本瓦とも呼ばれています。また、瓦に釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものは釉薬瓦と言います。入母屋形状の屋根で、純日本風の建物には定番ですね。産地によっても三州瓦、石...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283