オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市中島で木製テラスの波板の張替え依頼です


DSC00393-columns1
現在張られている波板は塩化ビニール製です。以前はよく使用されていました。価格が安く、柔らかいので作業性も良く日曜大工にも使いやすいのが特徴でした。しかし、紫外線や風雨による劣化が起こりやすく硬化してボロボロになります。長期間の使用には適していません。また、ガラス繊維の入ったタイプもあります。通常の塩化ビニール製よりは強度があります。現在の主流はポリカーボネイト製です。塩ビよりは高価ですが、劣化が少なく10年以上の耐久性をもっています。明かりの必要な屋根にはポリカーボネート製の波板が最適な選択でしょう。

DSC00391-columns1
現在ではアルミ製の後付けが多いのですが、こちらのお宅は木製のテラスです。外壁モルタル塗り付け前に掛け、水切りの取付をされていました。壁との取り合いの止水には有効です。しかし波板が劣化し、穴が開いた状態では、雨水が木下地を流れ木下地の劣化を早めます。また木部は定期的な塗装も欠かせません。
DSC00390-columns2
破損して穴が開いています。元色は多分乳白色だったと思われますが、変色してしまっています。多分僅かな衝撃でも割れてしまう状態ですね。
DSC00389-columns2
木下地もこの機会に塗装を行いたいですね。波板を撤去した時でないと上部は塗装できませんからね。
DSC00395-columns1
柱の足元です。木材で一番腐食しやすい部分です。下端は腐食が始まっています。出来るだけ雨水に触れなければいいのですが。一応ブロックの上には載っています。板金で被い雨水との接触を防ぐ事も出来ますが今回は防腐塗装を塗布し、進行を防ぐことにします。足元を固定している羽子板プレートも錆止め処理をし塗装したいですね。テラスの波板張替え工事もアルミ、木製を問わず施工できます。もちろん木部の塗装も可能です。ご相談をお待ちしています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

6-1

岡山市北区で雨漏りしていたセメント瓦屋根の葺き替え工事が完了しました。以前の屋根材は築50年近くと言う事もあり、当時多かったセメント瓦でした。新しく使用した屋根材は「アポロルーフ」と言われている板金横葺き材です。早速、屋根上を見ていきます。

IMG_1408

瀬戸内市で築30年になるカラーベスト屋根の改修工事です。今回はカラーベストを撤去しなくても施工可能なアスファルトシングルのカバー工事です。既存のカラーベストは30年前のカラーベストですので有害なアスベストを含んでいます。撤去して葺き替えとな...........

IMG_7499

築40年経過した瓦と下葺き材を撤去した状態です。ケラバ部分はプリントの化粧合板を貼っていました。当時は多くの住宅で採用されていました。しかし、永い年月が経過し、表面が剥がれてきていました。耐久性、対候性ではやはり天然木には劣るようですね。当...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283