オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市児島で築40年の劣化した軒樋の点検調査にお伺いしました


S__71327749-columns1
昔から一般的に普及している半丸型の軒樋です。軒樋は屋根に降った雨水をスムーズに寄せ集め、地面の排水口へと排水する役目をはたしています。樋には建物周囲の部材を守る役割、雨水の騒音を抑える役目があります。軒樋が破損したり詰まったりすると雨水の排水機能が低下し、雨水が直接地面に落ち、水たまりができたり縁の下や基礎を濡らし建物の不具合の原因につながります。また外壁に溢れた雨水が当り続けると外壁の老化を早めてしまいます。こちらの住宅は築40年です。樋も新築当初のままです。変形、破損がみられますね。
S__71327747-columns1
軒樋の下端の状態です。かなり腐食しているのがわかります。こちらの軒樋の材質は現在ではほとんど使用されてない鉄板製です。樋の材質としては、安価な塩化ビニール、アルミ、ステンレス、銅、ガルバリウム鋼板など豊富にあります。
S__71327750-columns1
変形し雨水が滞留してました。鉄板が腐食し穴が開いています。防錆性の高い現在のガルバリウム鋼板でしたらこうはなってなかったでしょう。比較的安価で現在よく使用されている塩化ビニール製の雨樋も以前は耐久性が低かったのですが、現在では硬質材などの開発により耐久性も増してきています。寒暖による伸縮も伸縮接手を設けることなどで対応できます。

S__71327746-columns1
軒樋の内部です。苔藻の付着も多いですね。苔藻は長期間水分を含みますので、腐食を早めていきます。新築時には水勾配を取ってスムーズに雨水が流れていたはずですが、現在では金物の変形等などにより何か所か水が溜まっています。降雨時には溢れているでしょう。建物の為にも早く対処したいですね。交換時にはレベルを確認しスムーズに流れる様調整を行います。今の半丸形状から現在主流の容量が多く排水機能に優れた箱型の軒樋がおすすめですね。降水量が多い時の排水能力にも優れています。降雨時には雨樋の確認もしてみましょう。溢れ、漏れが見つかれば点検にお伺いいたしますので、連絡をください。よろしくお願いいたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

98ec54c6aa6a0e381e6b657eee020820

大屋根部の下葺材「ルーフィング」の貼り付けが完了しています。棟部の収まり、重ね寸法、損傷など確認をしていきます。こちらの屋根形状では複雑な谷部、棟違いなどはありませんので基本的な収まりの部分の確認になります。使用しているのは、田島ルーフィン...........

DSCF0159

今回使用したのは「ウレタン防水」です。ウレタン防水とは液体のウレタン上に重ね塗りをする工法です。二種類の工法があり「密着工法」と通気緩衝工法」があります。こちらでは通気緩衝工法で行いました。密着工法はウレタン防水材を塗り補強布を張り、その上...........

P1100309

粘土を材料にして作られた焼き物瓦です。そのまま窯で焼いた素焼き瓦です。昔は日本瓦とも呼ばれています。また、瓦に釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものは釉薬瓦と言います。入母屋形状の屋根で、純日本風の建物には定番ですね。産地によっても三州瓦、石...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283