オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡山市東区で築15年のカラーベストの点検調査に行ってきました


IMG_7206-columns1
屋根上の状態です。当初の色はブラウンでした。写真の部分は北面です。こちらの面は退色はしてますが、辛うじて塗膜が残ってます。ブラウンの板金部もかなり褪色してますね。
IMG_7204-columns1
南面のカラーベストの状態です。白い部分は塗膜剥離が剥離して基材が見えています。面積の半分は塗膜の無い状態です。紫外線の影響でしょうか、北面より明らかに塗膜の傷みが多いですね。クラック、反りの点検も行います。軽微なクラックが数か所見られました。塗装の前には専用変性シーリングで補修しないといけませんね。次は基材の反り、変形を確認します。塗膜剥離したまま長期間放置したカラーベストは、先端が反ってひどい時には10mm程度も開いている事もあります。こちらは反り、変形もさほど見られません。塗装工事が可能でしょう。
IMG_7203-columns2
南面から板金部を見ました。当初は濃いブラウンだったはずです。今では退色、チョーキング現象を起こしています。15年が経過してますので、仕方ないでしょう。ガルバリウム鋼板ですので錆は見当たりませんでした。錆止めの下地処理を行い、屋根と同色で塗装できます。

IMG_7202-columns2
北面から棟頂部を見ました。カラーベストの状態はかなり違いますね。
IMG_7207-columns1
棟取り合い部分の屋根材が破断していました。下に引くとズレる状態でしたので、放置すると落下の危険があります。1枚に付き4本の釘で固定されているのですが、端の部分で釘固定されてないのでしょう。専用の変性シーリングを使用し裏面に注入し固定しました。また破断部もシーリング材で接着しました。乾燥後は塗装も可能です。今の状態ではメンテナンスとして塗装工事で可能でしょう。現在主流のシリコン樹脂塗装、また予算が許せばさらに高耐候のフッ素塗装を使用したいですね。経年によるカラーベストの色あせなどお悩みでしたらご相談ください。調査を行い、最適なメンテナンス方法をご提案させていただきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

98ec54c6aa6a0e381e6b657eee020820

大屋根部の下葺材「ルーフィング」の貼り付けが完了しています。棟部の収まり、重ね寸法、損傷など確認をしていきます。こちらの屋根形状では複雑な谷部、棟違いなどはありませんので基本的な収まりの部分の確認になります。使用しているのは、田島ルーフィン...........

DSCF0159

今回使用したのは「ウレタン防水」です。ウレタン防水とは液体のウレタン上に重ね塗りをする工法です。二種類の工法があり「密着工法」と通気緩衝工法」があります。こちらでは通気緩衝工法で行いました。密着工法はウレタン防水材を塗り補強布を張り、その上...........

P1100309

粘土を材料にして作られた焼き物瓦です。そのまま窯で焼いた素焼き瓦です。昔は日本瓦とも呼ばれています。また、瓦に釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものは釉薬瓦と言います。入母屋形状の屋根で、純日本風の建物には定番ですね。産地によっても三州瓦、石...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283