オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市児島で店舗天井からの雨漏り調査依頼です


IMG_7117-columns1
店舗の天井です。雨漏り箇所に養生をされていました。バケツに数杯もの水量が落ちてきたとの事です。照明器具もあり、漏電も心配です。近くに天井点検口があり天井裏を覗いてみました。天井材の上に敷き詰めている断熱材もかなり水を含んでいました。早めに撤去して雨漏り修繕後に新しく敷き直さないといけないでしょう。酷く雨水が入っている部分は増築屋根材のエンド部分でした。増築部分は築10年と比較的新しいのですが、既存建物は築30年程度ですので、屋根材の劣化も要因かもしれませんね。
IMG_7099-columns1
屋根上に登り確認していきます。増築取り合い部分ですが既存屋根材の劣化、錆がかなり進行しています。海が近い為、塩害の影響もあるのでしょう。雨漏り箇所の部分は取り合い水切りの内部ですので、補修時には撤去して止水処理を行います。また雨漏り箇所の軒樋のジョイントが破損していました。多量の雨水が集中してあふれている事も要因でしょう。
IMG_7111-columns2
屋根材上部にステーが取付られています。数か所ありますが、何かを取り付けていたのでしょうか。屋根材にビスを打ち、シーリング処理をされていますが、経年劣化で多分雨水が浸入していると思われます。必要なければ、撤去し止水処理を行いたいですね。また見ての通り錆が激しく、雨水が浸透しているかもしれません。
IMG_7110-columns2
既存屋根材です。ドレン開口の前に補修跡がありました。板金の腐食により穴が開いたのでしょうか。剥離しかけています。いつ頃補修をされたか分かりませんが、シーリングでは一時的な補修になるでしょう。
IMG_7112-columns1
既存部分の屋根については状況を説明し、躯体の事、また店舗商品の事も考え板金カバー工法をお勧めさせていただきました。しかし今のご時世、売り上げ減少等で全改修費用は承認がもらえないとの事です。完璧に雨漏りを止める保証は出来ないとの事を了承していただき、処置をさせていただく事となりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

98ec54c6aa6a0e381e6b657eee020820

大屋根部の下葺材「ルーフィング」の貼り付けが完了しています。棟部の収まり、重ね寸法、損傷など確認をしていきます。こちらの屋根形状では複雑な谷部、棟違いなどはありませんので基本的な収まりの部分の確認になります。使用しているのは、田島ルーフィン...........

DSCF0159

今回使用したのは「ウレタン防水」です。ウレタン防水とは液体のウレタン上に重ね塗りをする工法です。二種類の工法があり「密着工法」と通気緩衝工法」があります。こちらでは通気緩衝工法で行いました。密着工法はウレタン防水材を塗り補強布を張り、その上...........

P1100309

粘土を材料にして作られた焼き物瓦です。そのまま窯で焼いた素焼き瓦です。昔は日本瓦とも呼ばれています。また、瓦に釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものは釉薬瓦と言います。入母屋形状の屋根で、純日本風の建物には定番ですね。産地によっても三州瓦、石...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283