オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡山市東区でスレート屋根工場の雨漏れ調査です


IMG_4818-columns2
工場や倉庫の屋根でよく見られる波型スレートです。比較的安価で丈夫な事もあって、面積の広い工場などでよく使用されています。波型スレートのメリットとしては、火災に強い屋根材と言う事もあります。不燃材としても定められています。今回は換気塔周囲からの雨漏りの確認をします。築30年程のスレートですが、かなり汚れの付着があります。波型スレートの表面はザラザラしている為、どうしても汚れが付着しやすくなります。
IMG_4817-columns2
換気塔周辺を確認します。スレート自体は丈夫で耐久性もあるのですが、割れる事はあります。屋根下地の無い部分の歩行は危険ですね。こちらも水上のスレートが割れています。水切り上部からの雨水の侵入があるでしょう。また、ボルト廻りのシーリング劣化、錆など見られます。それらの部分からの雨漏りも発生してるでしょう。
IMG_4811-columns2
明かり取り部分です。今回明かり取りを塞ぎ、日光が入らない様にとの要望がありました。外部からの工事はかなり大掛かりになりそうですね。内部を確認し内部での処置を検討したほうがいいみたいですね。また固定しているボルトもかなり錆びて腐食していますね。
IMG_4812-columns2
現在の波型スレートにはアスベストが含まれていませんが、この当時のスレートにはアスベストが含まれています。割れたりしない限り飛散することはありませんが、撤去改修時にはかなりの処分費、対策が必要です。こちらも板金カバー工法が改修では最適な選択となるでしょう。
IMG_4820-columns1
工場の内部です。明かり取り部を塞ぐ工事のみでしたら内部足場を組んで内部からの工事となりそうです。塞いでも内部照明で十分な明るさは確保できますからね。換気塔周囲の部分補修となりそうですが、面積があるので大変ですが、近い将来にはメンテナンスは必要でしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

6-1

岡山市北区で雨漏りしていたセメント瓦屋根の葺き替え工事が完了しました。以前の屋根材は築50年近くと言う事もあり、当時多かったセメント瓦でした。新しく使用した屋根材は「アポロルーフ」と言われている板金横葺き材です。早速、屋根上を見ていきます。

IMG_1408

瀬戸内市で築30年になるカラーベスト屋根の改修工事です。今回はカラーベストを撤去しなくても施工可能なアスファルトシングルのカバー工事です。既存のカラーベストは30年前のカラーベストですので有害なアスベストを含んでいます。撤去して葺き替えとな...........

IMG_7499

築40年経過した瓦と下葺き材を撤去した状態です。ケラバ部分はプリントの化粧合板を貼っていました。当時は多くの住宅で採用されていました。しかし、永い年月が経過し、表面が剥がれてきていました。耐久性、対候性ではやはり天然木には劣るようですね。当...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283