オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市藤木で劣化したセメント瓦屋根の調査にお伺いしました


DSCN3246-columns1
40年以上経過したセメント瓦です。1970年~80年の頃は瓦はセメント瓦が主流でした。元の色が判別できないほど塗膜が残っていません。セメント瓦は表面の塗装で防水性を保っています。塗装が劣化すれば、セメント基材が露出します。そのまま放置すれば水が浸透するようになり雨漏りの心配もありますし、瓦基材自体の劣化が始まります。
DSCN3248-columns2
崩れた棟部です。土を使用した昔ながらの湿式工法です。かなりの土を使用しています。重量もかなりの物でしょう。内部に水が浸透すればさらに重量が増していきます。一か所破損したら内部に雨水が浸透しこのように崩れてきます。定期的な点検で小さな破損の時期に補修をするようにすれば防げるでしょう。
DSCN3323-columns2
瓦の表面は見ての通りガサガサの状態です。塗膜がなくなったまま放置すればこんな状態になります。塗装の大切さがよくわかりますね。この状態の瓦ではいかなる下地処理を施しても無理ですね。
DSCN3254-columns2
40年以上ノーメンテナンスの現状です。10年周期での点検、塗装を行っていればこんな状態にはなってなかったでしょうが、40年以上となるとセメント瓦自体の耐用年数を超えてます。セメント瓦の耐用年数は30年程度と言われています。
DSCN3260-columns2
棟部の漆喰がはがれています。このまま放置すれば、次第に棟瓦が崩れてくるでしょう。
DSCN3257-columns1
棟部の通りです。見ての通りかなり曲がっています。長年の経過でこのようになったのでしょう。地震でも起こればと思うと不安ですね。現在もお住まいになられているので一日でも早く改修を行いたいですね。躯体の強度も心配ですので、軽い板金屋根での葺き替えですかね。多分雨水の浸透もかなりありそうですので、屋根垂木、野地板の補修も必要でしょう。早い時期での定期的なメンテナンスが大切ですね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

6-1

岡山市北区で雨漏りしていたセメント瓦屋根の葺き替え工事が完了しました。以前の屋根材は築50年近くと言う事もあり、当時多かったセメント瓦でした。新しく使用した屋根材は「アポロルーフ」と言われている板金横葺き材です。早速、屋根上を見ていきます。

IMG_1408

瀬戸内市で築30年になるカラーベスト屋根の改修工事です。今回はカラーベストを撤去しなくても施工可能なアスファルトシングルのカバー工事です。既存のカラーベストは30年前のカラーベストですので有害なアスベストを含んでいます。撤去して葺き替えとな...........

IMG_7499

築40年経過した瓦と下葺き材を撤去した状態です。ケラバ部分はプリントの化粧合板を貼っていました。当時は多くの住宅で採用されていました。しかし、永い年月が経過し、表面が剥がれてきていました。耐久性、対候性ではやはり天然木には劣るようですね。当...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283