オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市藤木で劣化したセメント瓦屋根の調査にお伺いしました


DSCN3246-columns1
40年以上経過したセメント瓦です。1970年~80年の頃は瓦はセメント瓦が主流でした。元の色が判別できないほど塗膜が残っていません。セメント瓦は表面の塗装で防水性を保っています。塗装が劣化すれば、セメント基材が露出します。そのまま放置すれば水が浸透するようになり雨漏りの心配もありますし、瓦基材自体の劣化が始まります。
DSCN3248-columns2
崩れた棟部です。土を使用した昔ながらの湿式工法です。かなりの土を使用しています。重量もかなりの物でしょう。内部に水が浸透すればさらに重量が増していきます。一か所破損したら内部に雨水が浸透しこのように崩れてきます。定期的な点検で小さな破損の時期に補修をするようにすれば防げるでしょう。
DSCN3323-columns2
瓦の表面は見ての通りガサガサの状態です。塗膜がなくなったまま放置すればこんな状態になります。塗装の大切さがよくわかりますね。この状態の瓦ではいかなる下地処理を施しても無理ですね。
DSCN3254-columns2
40年以上ノーメンテナンスの現状です。10年周期での点検、塗装を行っていればこんな状態にはなってなかったでしょうが、40年以上となるとセメント瓦自体の耐用年数を超えてます。セメント瓦の耐用年数は30年程度と言われています。
DSCN3260-columns2
棟部の漆喰がはがれています。このまま放置すれば、次第に棟瓦が崩れてくるでしょう。
DSCN3257-columns1
棟部の通りです。見ての通りかなり曲がっています。長年の経過でこのようになったのでしょう。地震でも起こればと思うと不安ですね。現在もお住まいになられているので一日でも早く改修を行いたいですね。躯体の強度も心配ですので、軽い板金屋根での葺き替えですかね。多分雨水の浸透もかなりありそうですので、屋根垂木、野地板の補修も必要でしょう。早い時期での定期的なメンテナンスが大切ですね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

98ec54c6aa6a0e381e6b657eee020820

大屋根部の下葺材「ルーフィング」の貼り付けが完了しています。棟部の収まり、重ね寸法、損傷など確認をしていきます。こちらの屋根形状では複雑な谷部、棟違いなどはありませんので基本的な収まりの部分の確認になります。使用しているのは、田島ルーフィン...........

DSCF0159

今回使用したのは「ウレタン防水」です。ウレタン防水とは液体のウレタン上に重ね塗りをする工法です。二種類の工法があり「密着工法」と通気緩衝工法」があります。こちらでは通気緩衝工法で行いました。密着工法はウレタン防水材を塗り補強布を張り、その上...........

P1100309

粘土を材料にして作られた焼き物瓦です。そのまま窯で焼いた素焼き瓦です。昔は日本瓦とも呼ばれています。また、瓦に釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものは釉薬瓦と言います。入母屋形状の屋根で、純日本風の建物には定番ですね。産地によっても三州瓦、石...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283