オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市水島でカラーベスト上に板金カバー工法の仕上げです


DSCF3573-columns2
こちらのお宅ではカラーベスト上に板金横葺き施工をしています。カラーベストの改修では一般的な工法です。屋根重量の増加もわずかですからね。横葺きとは見ての通り鋼板の長手を地面と平行にして横方向に葺いていく工法です。縦葺きと違い、フラットですっきりした仕上がりになります。これから行うのは平葺きが完了し、外壁との取り合い水切り部のシーリング工事です。
DSCF3572-columns2
上部からの水の侵入を防ぐ重要な部分です。この部分からの雨漏れも多く発生しています。今行っているのはシーリング打設前のプライマーの塗布です。プライマーとはシーリングと板金、躯体との密着を高める、接着材の様な物です。施工する素材に適合するプライマーを使用します。こちらのお宅はモルタル壁です。塗りむらが生じない様塗布します。塗りむらは剥離の原因となりますからね。
DSCF3561-columns2
隅棟部分です。下地には樹脂材を使用しています。昔は木材を使用してましたが、長い年月ではやはり腐食しますので現在では樹脂か、防腐処理を施した木材を使用します。重ね部分には、内部にもシーリングを打って板金を取付ます。
DSCF3574-columns2
壁屋根取り合い部です。板金同士、壁モルタルのシーリングも完了しました。マスキング部からのはみだしもありません。
DSCF3577-columns2
綺麗に仕上がる板金横葺きですが、屋根勾配の緩い場合は使用できません。2.5寸勾配は必要です。勾配が緩いとハゼ組部からの水の侵入が起こります。積雪の多い所では特に注意が必要です。ですが既存がカラーベストでしたら2.5寸以上はあるはずですね。
DSCF3576-columns2
壁取り合い部のシーリング完了です。今回は壁は既存のままでした。水切り板金の立ち上がり部の色は場合によっては外壁色で施工することもあります。今回は御施主様と打ち合わせをして屋根色で施工しました。壁の傷、汚れに気を付けて作業を行います。シーリングも外壁に付着すれば、清掃が大変ですので。しっかりとマスキングをした為、綺麗に仕上がりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

98ec54c6aa6a0e381e6b657eee020820

大屋根部の下葺材「ルーフィング」の貼り付けが完了しています。棟部の収まり、重ね寸法、損傷など確認をしていきます。こちらの屋根形状では複雑な谷部、棟違いなどはありませんので基本的な収まりの部分の確認になります。使用しているのは、田島ルーフィン...........

DSCF0159

今回使用したのは「ウレタン防水」です。ウレタン防水とは液体のウレタン上に重ね塗りをする工法です。二種類の工法があり「密着工法」と通気緩衝工法」があります。こちらでは通気緩衝工法で行いました。密着工法はウレタン防水材を塗り補強布を張り、その上...........

P1100309

粘土を材料にして作られた焼き物瓦です。そのまま窯で焼いた素焼き瓦です。昔は日本瓦とも呼ばれています。また、瓦に釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものは釉薬瓦と言います。入母屋形状の屋根で、純日本風の建物には定番ですね。産地によっても三州瓦、石...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283