オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市玉島で、バルコニー下の和室に発生した雨漏り調査です


IMG_0033
雨上がり後の和室天井です。見ての通り、水滴が付着してます。天然の突板天井板ですので、すぐに水浸みが出来てしまいます。多分、天井裏に敷き詰めている断熱材も吸水していると思われます。乾きにくいのでカビの発生とかも心配です。早く発見して止めなけれがいけませんね。
IMG_0016
雨漏り箇所の上部にあるバルコニーです。今回の雨漏りの要因はこちらだと思われます。防水の工法は一般的なFRP防水です。ガラス繊維を混ぜたプラスチック樹脂で、硬化後にはプラスチックの様な硬さの床になります。風呂の浴槽、船など高い防水性が必要なものに使用されている信頼のある防水です。これから細部を確認していきます。
IMG_0021-columns2
サッシ取り合い部です。信頼の高いFRP防水ですが取り合い部の仕舞に不具合があれば当然水が浸入します。サッシとの取り合いは仕舞の難しい部分です。サッシ下端の隙間は気になりますね。奥までFRP樹脂がとどいているのでしょうか。もう少しの段差がほしい所です。トップコートの施工前にシーリングで埋めておきたいですね。
IMG_0022-columns2
横から見たところです。サッシ部のクラックはFRPを保護するトップコートのクラックみたいです。平部にもトップコートのクラックは発生しています。そろそろ塗替え時ですね。
IMG_0017-columns2
次に排水ドレンの廻りを確認します。この部分も仕舞に不具合があれば水漏れをおこす部分です。ドレン官とFRP樹脂との剥離等があれば水が浸入しますので。
IMG_0018-columns2
よく確認しますが、特にドレン官との剥離は見られない様です。多分大丈夫みたいですね。次は水を流して確認していきます。箇所を特定して順番に放水します。特定できればいいのですが。サッシ下端部分ですかね。FRP防水の部分補修と老化が始まっているトップコートの塗替えは行いたいですね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

6-1

岡山市北区で雨漏りしていたセメント瓦屋根の葺き替え工事が完了しました。以前の屋根材は築50年近くと言う事もあり、当時多かったセメント瓦でした。新しく使用した屋根材は「アポロルーフ」と言われている板金横葺き材です。早速、屋根上を見ていきます。

IMG_1408

瀬戸内市で築30年になるカラーベスト屋根の改修工事です。今回はカラーベストを撤去しなくても施工可能なアスファルトシングルのカバー工事です。既存のカラーベストは30年前のカラーベストですので有害なアスベストを含んでいます。撤去して葺き替えとな...........

IMG_7499

築40年経過した瓦と下葺き材を撤去した状態です。ケラバ部分はプリントの化粧合板を貼っていました。当時は多くの住宅で採用されていました。しかし、永い年月が経過し、表面が剥がれてきていました。耐久性、対候性ではやはり天然木には劣るようですね。当...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283