オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡山県総社市でカラーベストの十年定期点検を行いました


IMG_2473-columns1
屋根上に登り全体の状況を確認します。目立つ、割れクラックの発生は無い様ですね。ケイミュー製のカラーベスト「グラッサシリーズ」は紫外線に強い無機系塗膜グラッサコートを採用してます。ですので経年による変色を抑制し、葺き始めの美しい発色、光沢を長くキープするそうです。以前のカラーベストと違い、試験で30年相当の対候性試験でも色変化はほとんど目立たないという結果が出ているそうです。塗装等のメンテナンス費用が節約できますね。


IMG_3708-columns2
10年経過してますが、発色も綺麗で、多分退色もしてないと思われます。3色のシャッフルカラーが鮮やかです。シャッフルシリーズは4色のバリエーションがありますが、この「ユーロミックス」という色が一番明るく鮮やかなですね。

IMG_2475-columns2
こちらのお宅は平屋で周りの地形に高低差が多く周辺から屋根面がかなり目立ちます。単色の屋根にはない豊かな表情を見ることができます、洋風の建物とよくマッチしてます。
IMG_2477-columns2
屋根全体を点検していきます。やはり割れ等はありません。
IMG_2474-columns2
非常に見ずらいのですが、縦に薄い塗膜クラックがありました。基材まで達しているクラックではないと思われるので放置しても問題はないでしょうが、後日専用補修塗料で補修を行います。
IMG_2472-2-columns1
多少の汚れの付着はあります。屋根ですので上空からの落下物等の汚れの付着はありますので。鮮やかな色は汚れが多少目立つことは仕方ありませんね。多分洗浄すれば葺いた当初の綺麗さが復活するのでしょう。また近年のカラーベストでは赤外線を反射する特殊な顔料を配合し、太陽光の熱を反射し熱の伝達を抑える機能がある遮熱グラッサシリーズもあります。形状、色のバリエーションも多く選択肢が広い事も魅力ですね。当然、重量では板金屋根材より重いのですが、瓦の約半分という軽量な屋根材として今後もどんどん採用されていくでしょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

98ec54c6aa6a0e381e6b657eee020820

大屋根部の下葺材「ルーフィング」の貼り付けが完了しています。棟部の収まり、重ね寸法、損傷など確認をしていきます。こちらの屋根形状では複雑な谷部、棟違いなどはありませんので基本的な収まりの部分の確認になります。使用しているのは、田島ルーフィン...........

DSCF0159

今回使用したのは「ウレタン防水」です。ウレタン防水とは液体のウレタン上に重ね塗りをする工法です。二種類の工法があり「密着工法」と通気緩衝工法」があります。こちらでは通気緩衝工法で行いました。密着工法はウレタン防水材を塗り補強布を張り、その上...........

P1100309

粘土を材料にして作られた焼き物瓦です。そのまま窯で焼いた素焼き瓦です。昔は日本瓦とも呼ばれています。また、瓦に釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものは釉薬瓦と言います。入母屋形状の屋根で、純日本風の建物には定番ですね。産地によっても三州瓦、石...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283