オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡山市中区で、強風によりカラーベストの棟板金が飛びました


IMG_6716-columns1
屋根上に上がりました。棟がなくなっている部分です。寄棟形状の屋根の隅棟板金ですね。隅棟は4か所ありますが、脱落してるのは1か所のみの様です。ですが、今残っている部分も今にも飛んでいきそうで危険な状態。こちらのお宅は築20年です。棟板金を固定する木下地が腐食して下地の役割をしてないですね。
IMG_6722-columns1
木下地の状態です。腐食していてとても釘ビスの打てる状態ではないです。今の施工基準では、樹脂製下地もしくは防腐処理木材を使用する事となっております。現在使用されている木材は多分普通の貫板の様です。20年前の基準はわかりませんが木材を使用した場合は屋根材との取り合い部にシーリングを打つようになっております。シーリングが打たれていれば、水の侵入が防げて、木下地もここまで腐食はしなかったでしょう。
IMG_6721-columns2
屋根北面です。築20年となると苔の付着がかなりあります。歩く時は、気が抜けません。この時期、少しでも濡れていたら非常に滑りやすくなってます。
IMG_6717-columns2
そろそろ塗装が必要な時期ですね。屋根下地はしっかりしているのでしょうか、割れは見当たりません。
IMG_6730-columns2
南面です。こちらのお宅も太陽光パネルが設置されています。パネル廻りも確認しましたが、割れはありませんでした。
IMG_6731-columns2
軒先の収まりです。カラーベスト1枚分の段差を付けてます。珍しい収めですね。
破損してるのは、一か所のみでしたが、全ての部分が同じ状態のはずですので、今回はすべての棟部を下地からやり替えの提案をさせていただきました。お施主様も不安を抱きながら生活するのも嫌ですし、近隣まで飛んでいってもし近隣の方に怪我でもされたら大変ですので。どちらにしても危険ですので早く補修工事を行いたいと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSCF0159

今回使用したのは「ウレタン防水」です。ウレタン防水とは液体のウレタン上に重ね塗りをする工法です。二種類の工法があり「密着工法」と通気緩衝工法」があります。こちらでは通気緩衝工法で行いました。密着工法はウレタン防水材を塗り補強布を張り、その上...........

P1100309

粘土を材料にして作られた焼き物瓦です。そのまま窯で焼いた素焼き瓦です。昔は日本瓦とも呼ばれています。また、瓦に釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものは釉薬瓦と言います。入母屋形状の屋根で、純日本風の建物には定番ですね。産地によっても三州瓦、石...........

IMG_7293

折板屋根の状態です。倉庫、工場などでよく使用されていますね。良好な状態を維持するには10年~15年で塗装工事ら行うのが理想と言われています。25年経過となると見ての通り、錆が目立ってきます。広い面積ですので高額なメンテナンス費用が必要になり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283