オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市玉島で店舗外壁面内部の雨漏りの調査の依頼です


IMG_5544-simple
内部の雨漏りです。最上階の外壁内部に上部から水が流れているのがよくわかります。かなりの水量ですね。2階部分ですが物置となってます。1階の店舗まで水が落ちてきたそうです。
IMG_5551-columns2
屋上の部分です。見ての通り、かなり錆が発生しております。海が近い事もあり、塩害の影響が大きいのでしょう。何故か笠木板金に鉄骨のアングルが取り付けられています。何か看板でもついていたのでしょうか。かなり腐食してますので水が浸透してる可能性があるかもしれません。塗装工事ではどうでしょうか。
IMG_5557-columns2
雨漏りの特にひどい部分です。パラペットの笠木板金も錆、腐食が見られます。ジョイント部も内部は確認できませんが、シーリングはほとんどなくなっております。上部から釘で固定されてましたが、シーリングもなくなり、釘の抜けている箇所もあります。外部からは確認できませんが壁、屋根材の取り合い部分もどうなんでしょうね。
IMG_5555-columns2
壁補強の鉄骨角材です。取り合い部分も錆腐食で、穴も見られます。角材壁屋根取り合い部も不安な部分です。
IMG_5550-columns2
カットされた電気配線があります。看板か何かの照明配線でしょうか。中途半端な処理をされていますので雨水でのショートの危険があります。板金内で処理したいですね。
IMG_5545-simple
こちらは屋根部分に設置された看板柱脚部です。ベースプレートの仕舞が不安です。板金立ち上がり部が突き付けでシーリングも切れています。こちらも補修をしたい所ですね。

板金部分の錆腐食が多く見られました。やはり海に近い事による塩害でしょう。雨漏り部分が外壁直下ですので、アングル等の付帯物を撤去してパラペット笠木板金のカバーで様子を見ることになりそうですが、今後の事を考えれば屋根全面カバー工法を行いたいですね。他にも雨漏り要因が数か所ありそうですので。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSCF0159

今回使用したのは「ウレタン防水」です。ウレタン防水とは液体のウレタン上に重ね塗りをする工法です。二種類の工法があり「密着工法」と通気緩衝工法」があります。こちらでは通気緩衝工法で行いました。密着工法はウレタン防水材を塗り補強布を張り、その上...........

P1100309

粘土を材料にして作られた焼き物瓦です。そのまま窯で焼いた素焼き瓦です。昔は日本瓦とも呼ばれています。また、瓦に釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものは釉薬瓦と言います。入母屋形状の屋根で、純日本風の建物には定番ですね。産地によっても三州瓦、石...........

IMG_7293

折板屋根の状態です。倉庫、工場などでよく使用されていますね。良好な状態を維持するには10年~15年で塗装工事ら行うのが理想と言われています。25年経過となると見ての通り、錆が目立ってきます。広い面積ですので高額なメンテナンス費用が必要になり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283