オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市上東で築15年のカラーベストの点検補修を行いました


IMG_1605-columns1
屋根上です。こちらのお宅は太陽光パネルを設置しています。新築後に太陽光パネルを設置する際に誤ってカラーベストを割ってしまうこともあります。設置時の荷揚げでの集中荷重、取り合い部分の歩行、穴あけ等の施工でカラーベストに負荷がかかり割れる事があります。基材はセメント形成品ですので、過度のたわみには、どうしても追従しきれないのです。しっかりした下地上の平部を歩行することは問題ないのですがね。

IMG_1632-columns2
谷部分の状態です。割れが確認できます。推測ですが、多分太陽光パネル設置時の踏み割れと思われます。谷部分の板金は水の侵入を防ぐ為、端は上に向けて折り曲げています。その上にカラーベストを葺いている為、下地合板から多少浮いています。その部分を踏んだのでしょう。
IMG_1607-columns2
屋根材の施工をしていない人はわかりませんよね。太陽光パネルもそう言った知識のある職方にお願いしたいものです。
IMG_1633-columns2
軽く触っただけで、破断して落ちてきました。危ないですね。屋根勾配はさほど急ではないのですが、強風とかでの落下もありますからね。
IMG_1630-columns2
専用の工具を使用してカラーベストの釘を抜きます。カラーベストは1枚当たり4本の専用釘で固定してます。ですが、このような、谷部分は見ての通り1枚に1本の部分もあります。その場合は専用のシーリングを併用して固定します。
IMG_1631-columns1
割れた部分のカラーベストを新しい物と交換しました。築15年と言う事もあり、色の差は歴然ですね。そろそろ塗装を考えてもいい時期です。パネルとの取り合いで交換が出来ない部分は専用のシーリング材で補修をしています。雨漏りと落下は防ぐことができます。屋根上は危険ですので、中々お施主様自身では確認できません。ですが、今回の様な割れは多く発生しています。雨漏り、落下のリスクがありますので、定期的な点検をおすすめいたします。当社に依頼をお願いいたします。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

98ec54c6aa6a0e381e6b657eee020820

大屋根部の下葺材「ルーフィング」の貼り付けが完了しています。棟部の収まり、重ね寸法、損傷など確認をしていきます。こちらの屋根形状では複雑な谷部、棟違いなどはありませんので基本的な収まりの部分の確認になります。使用しているのは、田島ルーフィン...........

DSCF0159

今回使用したのは「ウレタン防水」です。ウレタン防水とは液体のウレタン上に重ね塗りをする工法です。二種類の工法があり「密着工法」と通気緩衝工法」があります。こちらでは通気緩衝工法で行いました。密着工法はウレタン防水材を塗り補強布を張り、その上...........

P1100309

粘土を材料にして作られた焼き物瓦です。そのまま窯で焼いた素焼き瓦です。昔は日本瓦とも呼ばれています。また、瓦に釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものは釉薬瓦と言います。入母屋形状の屋根で、純日本風の建物には定番ですね。産地によっても三州瓦、石...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283