オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

倉敷市児島で破風巻き、軒天塗装工事の完了、足場解体前の確認です


倉敷市児島で破風巻き、軒天塗装工事です。先日採寸した破風巻き板金の取付に立ち合いました。寸法に間違いが無ければ一日で取付完了となります。軒天塗装は数日掛かりますが。既存の破風板は色あせてましたが、濃いブラウンでしたので、近い色を選びました。濃いブラウン色の0.35mmガルバリウム鋼板です。錆にも強く、長く美観を保ってくれると思います。
IMG_4923-columns2
破風巻き板金の取付をしています。長い部材を取付ていくので二人作業が効率がいいですね。一人でも出来ない事はないのですが。手際よく進めていきます。
IMG_4890-columns2
取付が完了した、出隅部分です。仕舞の難しい部分です。綺麗に収まってますね。
IMG_4894-columns2
こちらは棟の部分です。この部分も仕舞の難しい部分ですね。ケラバ部分は軒樋も付かないので、とても目立ちます。特に下屋根部のケラバ部分は地上から近いですからね。この部分も下屋根部ですので、細部の仕上げも確認しておきます。綺麗に収まってますね。
IMG_4897-columns2
外壁と破風板の取り合い部分です。今回は外壁を最近塗装していて綺麗ですので、外壁に傷、汚れを付けない様、注意し作業します。取り合い部分は同色のシーリング処理をします。
IMG_4784-columns1
破風巻きが完了後、軒樋を復旧しました。金物は新品を使用してます。取り外すと歪変形が出ますので。基本的に既存の位置で復旧となるのですが、水勾配を再度確認して取付をします。長い年月で建物も多少傾きが生じている事もありますので。
IMG_4932-columns1
破風巻き、軒天塗装が完了しました。軒天は木目のプリント合板でしたので、ケレン、下地処理の後、ウレタン塗装で仕上げました。残念ながら木目は消えてしまいましたが、木に近い色で塗装した為、違和感なく綺麗に仕上がってます。面積もかなり有りますので張替えはどうしても高価になりますからね。明日、足場解体で工事完了です。天候にも恵まれ予定通りに完工できそうです。これでしばらくは外部のメンテナンスは必要なさそうですね。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

98ec54c6aa6a0e381e6b657eee020820

大屋根部の下葺材「ルーフィング」の貼り付けが完了しています。棟部の収まり、重ね寸法、損傷など確認をしていきます。こちらの屋根形状では複雑な谷部、棟違いなどはありませんので基本的な収まりの部分の確認になります。使用しているのは、田島ルーフィン...........

DSCF0159

今回使用したのは「ウレタン防水」です。ウレタン防水とは液体のウレタン上に重ね塗りをする工法です。二種類の工法があり「密着工法」と通気緩衝工法」があります。こちらでは通気緩衝工法で行いました。密着工法はウレタン防水材を塗り補強布を張り、その上...........

P1100309

粘土を材料にして作られた焼き物瓦です。そのまま窯で焼いた素焼き瓦です。昔は日本瓦とも呼ばれています。また、瓦に釉薬(うわぐすり)を塗って焼いたものは釉薬瓦と言います。入母屋形状の屋根で、純日本風の建物には定番ですね。産地によっても三州瓦、石...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岡山倉敷店にお問合せ下さい!
8時~17時まで受付中!!
0120-76-8283